Skip to content

品川区の子どもたちを守る会について

品川区の子どもたちを守る会 ~yashio children~ 

2011年3月11日に起きた 東日本大震災後 

福島原発事故の際 放出された放射能から子どもたちを守るたいという

気持ちで発足致しました。同じ品川区内の学校に通う 

お母さん方で作られた会です。現状の活動内容は下記の通りです。 

 

品川区の子どもたちを守る会 活動参加申し込み案内

        =署名活動の実施= 

品川区の子どもたちを守る会 会員規約

活動支援の協力お願い

               

要望

1) 区内の給食に使われている食材の放射線量を独自に検査し

   子ども達の給食による内部被ばくを防ぐ

2) 区内の幼稚園、保育園、小中学校職員を始め、給食に携わる栄養士、調理師等に

   放射線被ばくに関する知識を徹底し子供を預かる職業として被ばく予防対策に努める

3) 区内、各幼稚園、保育園、小中学校に線量計を配置し、放射線量の計測並びに

   高線量部位の速やかな除染、高線量の場合 屋外の活動制限等の徹底

4) 園、学校等において採取された野菜等は、専門の検査機関で安全とされたもの

   以外は子どもたちの口に入れない

 ダウンロード          

2011.9.11

 品川区の子どもたちを放射能被ばくから守る為の陳情

 

=上記も含め学校へのお願い=

1) 小学校へ給食素材の見直しのお願い

2) 水筒、お弁当持参可のおたより配布のお願い

3) 放射線量が高い日、風向き、天候によって 体育授業を屋内実施のお願い

4) 郊外学習について 高い放射線量が測定されている地域への見学を見直し

   見学場所など変更のお願い

品川区の子どもたちを守る会では 子供の健康を第一に考え

安心、安全を目指し活動して行きたいと思っております。

 

{東京連合から提出した要望書一覧}

*品川区の子どもたちを守る会の加盟しております。

 
石原都知事と東京都環境局にあてて「都有施設における
放射線量調査および除染に関する緊急要望書」を提出いたしました。
平成23年12月6日、NO!放射能「東京連合こども守る会」は、
石原都知事と東京都環境局にあてて
「都有施設における放射線量調査および除染に関する緊急要望書」
を提出いたしました。
この要望書の提出については東京都議会各会派へ報告をし、
都政へ反映していただくよう申入れをおこないました。
子どもを守る観点から放射線防護策をとるよう、
今後も動きを注視しながら、都への働きかけを続けていきます。
都有施設の放射線量調査および除染に関する要望書@東京都.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [420.3 KB]
ダウンロード
 
学校および幼稚園・保育園の、給食の安全性確保に関する要望書
東京都知事あてに提出した「子どもたちの心身の健全な発達に資するための
学校および幼稚園・保育園の、給食の安全性確保に関する
要望書」
給食要望書東京都.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [105.6 KB]
ダウンロード

 

 

 12月8日、NO!放射能

「東京連合こども守る会」より石原都知事と東京都教育庁にあてて、

「給食の放射性物質検査のための機器導入に関する緊急要望書」

を提出いたしました。
文部科学省は、11月30日に17都県へ向けて「学校給食検査設備整備費補助金に係る

事業計画書の提出について」通知をしました。この中には、購入機種の選定にあたって

「検出限界は40Bq/kg以下とすることが可能な機種であること」と記載されており、

事実上、給食に使用する食材は、Cs合計値40Bq/kg以下にすることを示しています。
これを受けて、東京都が給食検査機器を購入することの必要性などを要望いたしました。

給食の放射性物質検査のための機器導入に関する要望書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [249.6 KB]
ダウンロード
学校給食検査設備整備費補助金に係る事業計画書の提出について.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [231.7 KB]
ダウンロード

 

12月22日、厚生労働省が発表する食品に含まれる

放射性物質の新たな基準値について、

小宮山厚生労働大臣あてに抗議文を提出いたしました。

 厚生労働省が審議をおこない、12月22日夕にも正式発表予定の

「食品に含まれる放射性物質の新基準案」は、子どもを持つ親としては到底許容のできない

基準値であり、子どもの安全を守る立場にある厚生労働大臣が「こどもは食べる量が少ない」

と発言し、その姿勢をみせていないことから、これに対して強く抗議いたしました。

厚労省新基準値に対する抗議文.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [167.8 KB]
ダウンロード
 
 
 

◆New◆ 

2012年1月23日、東京都知事と教育庁へ「東京都が導入する、給食の放射性物質検査機器に

関する要望書」を提出しました。

これは、昨年12月8日に当会が提出した「給食の放射性物質検査のための機器導入に関する

緊急要望書」の続編です。前回の要望書提出後、東京都が機器購入を決定したことを受け、

今回は、都が現在選定中の検査機器のオペレーションに関する要望をしました。

担当所管との交渉・提案は、今後も続けてまいります。

東京都が導入する給食の放射性物質検査機器に関する要望書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [362.7 KB]
ダウンロード
 
 品川区の子どもたちを守る会 活動報告

2011年6月1日

品川区の子どもたちを守る会発足

 

学校、幼稚園、保育園、区役所への働きかけ

 

八潮地区線量マップ作成

7月

7月11日 東京都議会へ1807名の署名を集め 陳情書を提出

 

NO!放射能「東京連合こども守る会」へ加盟

 

NO!放射能「東京連合こども守る会」会合へ参加

8月

品川区へ提出する陳情書、請願書の作成、勉強会準備

9月

9 月6 日 石原慎太郎都知事へ

子どもたちの心身の健全な発達に資するための

学校および幼稚園・保育園の、給食の安全性確保に関する

要望書

 

9月11日 第一回勉強会を実施

 

9月13日 品川区議会へ陳情書を提出

10月

10月21日品川区議会にて9月に提出した陳情が趣旨採択となった

12月

12月6日NO!放射能「東京連合こども守る会」

石原都知事と東京都環境局宛てへ

「都有施設における放射線量調査および除染に関する緊急要望書」
を連名にて提出いたしました

 

12月8日 NO!放射能「東京連合こども守る会」

石原都知事と東京教育庁に宛てて「給食の放射性物質検査のための機器導入に関する緊急要望書」を連名にて提出致しました。

12/9 東京都が国からの補助を受けて、給食検査機器を購入する事が決定致しました

 

12月22日 NO!放射能「東京連合こども守る会」

厚生労働省が発表する食品に含まれる放射性物質の新たな基準値について、小宮山厚生労働大臣宛てに抗議文を連名にて提出致しました

2012年1月23日

NO!放射能「東京連合こども守る会」

東京都知事と教育庁へ「東京都が導入する、給食の放射性物質検査機器に関する要望書」を連名にて提出いたしました

  その他・署名活動・講演会への参加・勉強会への参加・茶話会などの会合

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。