Skip to content

放射線物質の汚泥・・・私は気になる!

2011/06/28

小出裕章教授をご存知でしょうか 京都大学(京都大学原子炉実験所・助教)が

大田区下水処理施設(南部スラッジプラント)の汚泥に関して ラジオでお話してくれた回のものをUPします。

品川区八潮地区、またこの地域に住んでいる方々でも 大田区下水処理施設ってどこにあるの?と

以外に知らない方が多いです。地図をご覧下さい。

意外と私達が住んでいる 直ぐ近くにあるんです。

赤   私達が住んでいる地域

ピンク 大田区下水処理施設(南部スラッジプラント)

黄色  都廃棄物埋め立て処分場

この2つの施設が気になる・・・・・・。

東京都では これらの箇所での放射線量測定結果を発表しています。

放射線量測定結果 ←こちら

風に乗って ここから排出される放射能物質は

飛んでこないのでしょうか??

汚泥から作られたセメントや肥料は どこに運ばれているの??

そこで 東京都が発表した 「 放射能物質の汚泥 新たな基準 」

<農林水産省は放射性セシウムの濃度が1キログラム当たり200ベクレル以下のものについては、流通ルートなどを管理したうえで、肥料として利用できるとする新たな基準をまとめました。 放射性物質の汚泥 新たな基準 >

小出先生は セシウム入りのセメント、肥料 1キログラムで解説されていましたが 最初国は「 1キログラムあたり 100ベクレル

以下に対しセメントや肥料には問題が無い 」とされていました。それが200ベクレル以下のものについては・・・・に変わった

小出先生は 「100ベクレル以下であっても 10ベクレル以下であっても 危険があるわけです。」

セメント(コンクリート)にしても 放射線は飛びだしてしまうそうです。

 小出先生が解説されているラジオです。

この回のラジオを聞いた際 やるせない気持ちになり 涙がこぼれました。なぜ 2次被害 3次被害を進んでやるのかな

子供は汚染された給食を食べさせられ 大人は放射能が飛び交うコンクリートビルで仕事 これでいいの?仕方ないの?

最近ね思います。一人一人の声は小さくとも 一人・・・また一人と 同じ思いや不安を抱えていた お母さんがこんなにも居たんだ!

同じ意見 同じ考え方をしている方々に会えた時は ものすごく嬉しい。自分だけじゃなかったんだって!!

一人 一人の声がいっぱい集まれば それが大きな声となって 少しでもこの異常な事態に変化を与えられるんじゃないかな

変えていかなきゃいけないんだと思います。 全国 お母さん お父さん 一緒に頑張りましょうね!!

広告
2件のコメント
  1. みおりゅ permalink

    2011年6月29日 9:24 pm に投稿

    いつもありがとう!!
    こんなに危険が迫っているのに人々は気が付いていない。
    これは誰のせい?なんとかしなければ。
    愕然としますね。。。家族会議です。

  2. 2011年6月29日 10:11 pm に投稿

    みおりゅさん いらっしゃ~い^^

    我が地域のみなさん 意外とこの2箇所を知らないのよね・・・・。
    さらに増えたよね 生活ゴミ焼却施設が!!!家の周りでこんなに散布のパレード
    なんてこった(涙)家の中から見る風景は 別世界なんだよね 悲しいよ・・・。

    なんでみんな気づかないのだろうか?事実を知るのは時に 残酷だけど
    今ならまだ 間に合うのでは・・・・と足掻き ジタバタしたい 子供の為に。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。