Skip to content

体調の異変を見逃さないで!

2011/07/24

昨日の出来事。近所の夏祭りに出かけました。

この日は 比較的涼しくて 直射日光がサンサンと当たるでもなく

人が混雑している訳でもなく 過ごしやすい日でした。

子どもたちは 用意されていた スイカ割りコーナーに並び順番を待っていた所

2歳くらいかな~とても小さなお子さんの鼻から 突然の鼻血!

ん?これは・・・・・ ここ数日のドイツで発表されている 拡散予想マップで

日本全体を包み込むような 拡散予測が出ていました。

何か関係しているのかな?と感じてしまう。いつもと違う体調異変があったら

面倒でも、病院へ受診されるといいですよ。

診察の結果 何でもなくても 将来的にデータとして残す必要があるそうです。

その解説を分かりやすく チェルノブイリへのかけはしの野呂さんが

説明されているネットニュースの動画です。

ただの鼻血、ただの下痢と思いたいけど・・・・・・気をつけてあげて下さい。

広告
5件のコメント
  1. kura permalink

    2011年7月24日 8:29 am に投稿

    ウチの子どもも6月に下痢が1週間ほど続きました。 迂闊にも当時私の頭には『低線量被曝』という言葉と知識がおぼろげにあったとはいえ、まさかこの東京に。。。200キロ以上も離れたこの土地に子どもの体調を崩すほどの放射性物質が降り注いでいたとの認識が足りませんでした。

    皮膚の湿疹、おねしょ等も被曝症状のリストにありました。

    これらの症状を無関心に見過ごすか、疑いを持ちきちんと対策をするか。
    私は後者を迷わず選びます。 
    「考えすぎよ」と言われようとも 後々「ほ~ら何でもなかったじゃないの」と言われようとも、自分の子どもを母親の本能で母親の方法で守ることに何をためらう必要があるか

    むしろ、後々「ほ~ら」と笑われることを望む。
    「なんでもなかったね~」と笑顔で答えますよ。

  2. 花子 permalink

    2011年7月24日 5:32 pm に投稿

    我が子も、出ていますよ。

    ・おねしょ、数回(かれこれ2~3年、おねしょなんてした事がない)
    ・微熱と色のない発疹が全身に(ヤゴ採りの一週間後)+学校のプールに入ったある夜。
    ・喉が赤くないのに、痛がった(こんな事、今までなかった)
    ・7/6日からダラダラ続く、37℃代の微熱(出たり・下がったり)
    全部、履歴を残しています。
    日にち・症状・その前にあったイベント・医師の診断・処方された薬。

    ①6月に、その時点での白血球の数値を残しておきたくて、血液検査しました。
    ②先日、かかりつけ医に拝み倒して、甲状腺の血液検査をして貰い、只今結果待ちです。

    我が子は自分で守りたい。
    でも、それだけではなく、
    我が子を検体にしてでも、数値を示したい。
    そして、他の子ども達を守る為に、母親達に伝えたい!

  3. 2011年7月26日 12:42 am に投稿

    kuraさんへ

    同感です。周りに 大げさと言われようが 将来の安全は誰も守ってはくれないですよね。
    母として出来る事 私も精一杯 頑張ろうと思います。

    花子さんへ

    我が家でも 下痢などの症状がありました。突然の発熱もあったりと
    日によって様々でした。
    私も、焼けるように喉が痛くなるといった症状もありました。
    状況を見て、ホールボディカウンター 子どもに受けさせてみようと思います。

    PS

    ホールボディカウンター 品川周辺だと 高輪クリニックにあります。
    被災地から疎開されて来てご心配な方、品川周辺の方、心配されている方
    受けてみられては。 http://takanawa-clinic.com/housyataisaku/
    ≪料金≫
    診療メニュー 料金

    生物学的線量検査およびそのほかの詳細検査
     
    15,000円(税別)
     

       ※除染薬は一か月分約3通りの薬物を提供しています。
     
    治療費用
    (一か月分の薬物代金および放射性物質を排泄
    するための各種方法論の個別指導)
      25,000円(税別)
     
    EDTAまたはタチオン注入
      6,000円(一回)

  4. 花子 permalink

    2011年7月29日 5:53 am に投稿

    息子(7歳)の血液検査の結果が出ました。
    7/22(金)採血。以下が異常が出た数値。

    ・甲状腺ホルモンの異常
    →TSH(基準値:0.500-5.00)
    息子の数値:7.00

    ・血清補体価
    →基準値(25.0-48.0)
    息子の数値:26.8→リウマチの可能性も否めない

    ・腸内の免疫機能(IgA)の低下
    →基準値(100-410)
    過去3年間の数値=44・59・64
    今回の数値:55(-9)数値が下がったのは、今回が初めて。
    ***息子は生まれつき、この免疫機能不全***

    ・白血球数異常
    →基準値(3900-9800)
    過去3年間の数値:3400(インフルA型直後)・5100(インフルB型直後)・6900・8400・8700
    息子の数値:10900(←翌日の夜中に発熱したので。医師は、夏風邪の影響では?と)
    ***インフルエンザを罹患している時は、数値が下がる傾向にあるとの医師からの説明***

    ・7/6~断続的に37℃代の微熱~7/28

    あくまで、参考程度に考えて下さい。
    個人差もある事ですし、息子は元々免疫力が低い体質なので。

    ただ。もし体調不良がみられる場合には、
    医師に検査をお願いして検査をして、
    その時点での数値を把握しておく事も大切では?
    後日、比較対象として残しておけるので。

  5. 2011年8月1日 6:43 am に投稿

    花子さんへ

    情報ありがとうございます。
    息子さまの微熱は回復されましたか?体調はいかがですか?

    検査結果を書き込んで下さって、心よりお礼申し上げます。

    検査結果の数値で 甲状腺や白血球の数字が気になりました。
    去年我が子が骨折をし手術を受けたのですが、その際の採血のデータを見せてもらえるか
    病院に聞いてみようと思います。今後 採血の際に原発事故前の物と比べる事ができますよね。
    今まで、気づかなかった・・・・・。
    過去のデータでも 入手できる方がいたら 是非 収集しておくといいですね。

    花子さんが おっしゃって下さった

    我が子は自分で守りたい。
    でも、それだけではなく、
    我が子を検体にしてでも、数値を示したい。
    そして、他の子ども達を守る為に、母親達に伝えたい!

    こんなに暖かい言葉を書き込んで下さって 私もパワーを頂きました。
    誰一人、どの子も 病気になって欲しくないと思います。
    今、私達に出来る事。声を大にして 「子どもを守って下さい」と言い続ける事
    子どもを守るために、ちゃんとした知識を学ぶ事。自分で出来る事全てやってあげたいと
    私も思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。