Skip to content

牛乳問題

2011/07/25

子どもたちが口にする牛乳について

品川区で給食の際に出されている〇〇ミルクについての情報です。

セシウム入り牛乳が店頭にも並んでいるという状況下 それらを継続的に摂取したとしたら

体への影響は?本当に安全なの? 是非下記の画像をクリックしてご覧下さい。

ニュース記事がご覧になれます。↓

http://www.mynewsjapan.com/reports/1468

 

 

 

 

これらを毎日摂取し、体内に蓄積されているとしたら・・・・・・。

食の安全とは何なのか、なぜこれらを安全とうたい子どもが摂取しなければならいのか

今、幼稚園、小学校、中学校は夏休みに入っていますが、

保育園で給食の所もあると思います。

給食で出される牛乳を、飲むか飲まないかは、各ご家庭の判断になるのでしょうけど

セシウム入りの牛乳が、本当に安全なのでしょうか。

給食で悩んでる お母さんへ

学校給食への不安で悩まれている お母さんを多く見受けられます。

学校給食を不安と感じた我が家では、水筒、お弁当持参で1学期を過ごしました。

始めは、水道水を摂取して欲しくないという気持ちから、水筒を持たせ

汚染野菜使用に不安を感じてからは、お弁当を持たせ登校させました。

その際、担任の先生へ事情を話し 安全性に不安を感じている事を理解をいただき

クラスの子どもたちに向け 水筒、お弁当持参に関しお話しして下さいました。

クラスの中で、水筒、お弁当を持参しているのは、娘一人ですが

他の子どもたちに、意地悪されるとか、何か言われるといった事もなく

無事1学期を終えました。学校側では、個別に相談があった方について

お弁当持参の許可を出している所が多いようです。

内部被ばくとは、体内に取り込まれた放射性物質が 体外に排出されるまでの間

放射線を常に出し続け、細胞を破壊し続けます。

大人は、破壊された細胞の修復が出来るそうですが 

子どもは破壊された細胞の修復が出来ません。

よって、ガンになってしまう確率が上がり、破壊されたままのDNAが将来、

子から子へと遺伝して行きます。

今だから子どもの為に出来る事 わずかでも放射物質を取り込まぬよう

気をつけてあげる事だと思います。

広告

From → 食品関連

17件のコメント
  1. sarah permalink

    2011年7月26日 5:31 pm に投稿

    情報ありがとうございます。

    ちょうどこの時期(7月上旬)の○○ミルク海老名工場の検査結果が世田谷区のHPに記載されてます。(皆様ご存知でしょうが、品川区の給食の牛乳は海老名工場です。)
    http://www.city.setagaya.tokyo.jp/020/d00035029.html

    産地によって異なるのでしょうが、東日本の牛乳が西日本へ運ばれて混ぜられてるので、
    工場の場所だけでは参考になりませんよね。
    http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/387.html
    http://mainichi.jp/photo/archive/news/2011/05/28/20110528k0000e040046000c.html

    ちなみに、クラスでおひとりでも、学校内ではお弁当か水筒の児童が他にいらっしゃいますか?
    うちの学校では、全く誰もいないんです。orz

  2. 2011年7月26日 6:35 pm に投稿

    sarahさんへ 

    牛乳・・・・混ぜ合わされた物が 工場へ運ばれパックに入れ替えるといった作業が
    繰り返されているのでしょうね。
    汚染されている牛乳が混ざっていると分かれば、安全に飲める牛乳をも疑い消費しなくなると
    国は考えないのでしょうか?
    消費者が 消費を拒めば 風評被害と言う言葉で非難する。
    矛盾だらけの世の中で、私達は多くの知恵をつけなくては。

    お弁当・・・。
    我が家の娘のクラスでは 1人ですが、会のメンバーのお子さんは みなさんお弁当です(^^)
    なので、仲間がいるんだ!という気持ちがあるのと
    娘のクラスの担任の先生は、なぜ娘だけがお弁当なのか、それに対し、意地悪を言うとか
    どうして?なんで?と言わないよう 子どもたちに指導をしてくれたそうです。

    「心配な気持ち 分かります。遠慮せず言ってきて下さい。私も放射線など勉強してみます。」と
    理解して下さったので、助かりました。

    正直当初は、かなりの勇気がいりましたが、娘にゆっくりと分かりやすく説明をし
    理解をしてもらい、お互いの承諾の上 お弁当持参にしました。

    水筒は・・・。
    水筒持参の理由として、水道水への不安と、脱水症の心配を話し持参させて欲しいとお願いしました。
    すると担任の先生は、クラスの子どもたち全員に、「水筒持参してもいいですよ。」と配慮して
    頂きました。ですが、持参して行っていたのは、娘だけでした。(^^)

    1学期も終わる頃になると、周りの子どもたちは、お弁当いいな~など言われるようになり
    娘もお弁当を気に入って持って行ってました。(果物や、デザートを持っていけるので♪)

    水筒は、この暑さもあり 持参している子がほとんどで、持ってきていない子の方が少なかったです。

    始めの一歩は とても勇気がいりましたが、あの時ちゃんと気をつけてあげていれば・・・・と
    後悔だけはしたくない。この子を守れるのは自分だけなんだと思い決断しました。

    他のメンバーも、おかずや デザートを工夫したり、かっこいいお弁当箱を使用したりと
    子どもが寂しくならないよう 工夫されているようです。

    口には出さないけど、給食に対し心配なさっている方 すごく多いです。
    思い切って、お弁当持参してみては(^^)賛同してくれる仲間が きっといると思います。

    sarahさん がんばって!!応援してますよ!

  3. sarah permalink

    2011年7月31日 4:54 pm に投稿

    yashiochildrenさん

    返信ありがとうございました。
    クラスで1人でも同じ学校で仲間がいるのは心強いですよね。
    うちの小学校はまだ誰もいませんし、産地公表すら拒否されてます。

    記事のニュースに関して、実際に○○ミルクに問い合わせた方のブログを見つけました。
    http://blogs.yahoo.co.jp/purelys9/5183575.html
    一部抜粋すると
    「千葉県の富里工場と神奈川県の海老名工場で福島産の原乳を使って製品を作っております。ただ、福島産の原乳だけではなく、色々な産地の原乳を混ぜて製品化しています。また学校給食として利用される牛乳などにつきましては福島産の原乳を使わないようにしています。」
    「国の基準値以下でしたら安全と考えておりますので、そのまま流通させて頂きます」

    同じ海老名工場でも、学校給食用の牛乳は6月30日時点で不検出(定量下限値(ヨウ素131:20Bq/kg、セシウム134:2.0~2.9Bq/kg、セシウム137:2.0~2.9Bq/kg)未満)http://www.city.setagaya.tokyo.jp/020/d00035029.htmlではあるものの、スーパーに流出してるものはこれとは別と考えた方がいいかもしれませんね。
    世田谷区も検査を一度だけでなく定期的に行ってくれればいいのですが。

  4. 2011年8月1日 5:54 am に投稿

    sarahさんへ

    情報ありがとうございます。
    牛乳も微妙ですよね。福島産の原乳に限らず、汚染された稲ワラを乳牛が・・・・・。と
    考えると、どの牛乳も混ざっている可能性の方が高いような気がします。

    暫定基準内でも セシウムやベクレル表示を記載して欲しいですよね。
    微量でも、少しずつ体内に入り 子どもの体から排泄されるまでの間を思うと
    ヨウ素は甲状腺に、セシウムは筋肉や骨に、成長期の子どもは、細胞分裂をしながら成長していく
    その際、DNAを破壊し 破壊されたDNAが増えるごとにガンになる確率と 体の異常
    将来的に、そのDNAが子どもへと遺伝してしまうようです。

    学校給食の牛乳って本当に必要なのかな?今は必要ないと思いませんか。
    sarahさん ママ同士 一緒に頑張りましょうね!

  5. 佐藤 permalink

    2011年8月2日 8:05 pm に投稿

    本当に本当に、同じ気持ちです。あまりに同じ気持ち過ぎて、ありがたいです。周りは心配などしてない人も多いように感じで不安になりますが、私は放射能の怖さを知っているので、毎日毎日本当に心配だし、出来る限りの努力を考えています。2学期が始まったら、牛乳の事を選択肢下さいと…担任にお願いせねば、と。又給食も、お弁当持参の選択肢下さいと言いたい…その為に1学期に出来る限り学校のボランティアに参加したり、担任との信頼関係を築いておく努力をしました。こども達を守りたい…それだけです。

  6. 花子 permalink

    2011年8月3日 5:17 am に投稿

    あのぉ~・・・。
    私も皆様と同じ気持ちですが。
    ここで、ちょっと聞いて頂きたい事が。

    息子は暑くなって来た頃に水筒持参。
    1学期の後半に、
    やっと給食の牛乳を飲まない事に納得してくれて、
    クラスでたった1人だけ、牛乳拒否をしています。
    2学期からは、お弁当を持たせる予定です。

    こういう行動は、子どもの安全を守る為に、
    私個人的には、正しい選択だと思います。

    ただ。
    全く気にしていない保護者も多いのも事実です。

    私は、
    自分の子どもがクラスメートから虐められたり冷やかされたりする事よりも、
    息子が他の子ども達に”放射能が心配だから”と言わないかを気にしました。
    息子には「お友達に何か言われたら、”お母さんに言われたから”と言いなさい!」
    と、重々言い聞かせました。
    「オマエ、牛乳嫌いなのぉ~?」と笑われたりしたようですが、
    険悪な感じではなく、子どもの素直な感覚からだったようです。

    同じ放射線を浴びたり・内部被曝をしても、
    その影響は個人差が出てくると思います。

    だからこそ、
    他の子ども達を気遣いたいと考えています。

    本来ならば、
    国・地方行政・教育委員会・学校が検査をして、
    安全を確保してくれるのが筋だとは思いますが。

    自分の子どもだけ、他の子と違っても良いと思いませんか?
    強い子に、育てましょうヨ♪。
    世の中、かならずしも”平等”ではないんだし。
    うまく伝わると良いのですが。
    こんな文章で、私の気持ち、伝わりました(笑)???

  7. kura permalink

    2011年8月3日 9:14 am に投稿

    牛乳。 

    政府の200ベクレルを遵守してるからと堂々と6歳や7歳の子どもたちも飲むとわかっていて出し続ける学校や行政にまず問題がある。
    独自に検査をしている牛乳メーカーなど聞いたことがないので、200ベクレルさえも怪しい。

    でもね、飲ませる親が多ければ学校は出し続けますよ
    コチラ側にも責任大いにあり。

    ウチの子もクラスの子に「牛乳残したらダメなんだぞ」とか「好き嫌いはダメ」などと攻撃されてますが、それによる精神的ダメージよりも、内部被曝のダメージの方が遥かに大きい。

  8. 2013年2月6日 01:16

    初めまして私は、岡山で飲食業を営んでおります。

    昨年、知人がジャージー牛乳店を高齢だからやめたいので、どうしても特約店を引き継いで欲しいと中半強引に押し付けられ今は活動は出来ていませんが、引き継ぎ時に変な商品は扱いたくないので、干し草・飼料産地・セシウム調べましたが全く問題ありませんでした。

    都心でも特約店ですのでふつうに購入している価格でいけるのではないでしょうか!?

    他にも

    こちらは大丈夫であろう食材が余っております。

    ネット等での商売は考えておりません。

    ただ、困っている双方がよくなればな!・・・・との思いです。

    こちらは食に対する危機感はありませんが、野菜は殆ど無農薬、魚も日本海の天然物鮮魚類です。

    しかし専門家ではないので、詳しくは分かりません、もし興味がおありなら送りますので測定器と舌で厳しく吟味されてはどうでしょう・・・

    興味があればの話ですが・・・・

    突然スミマセンでした。

  9. 2013年2月6日 01:20

    すみません名前を消して頂けないでしょうか*_*

  10. 2013年2月6日 09:03

    匿名 様

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    お名前の削除をさせて頂きました事をお伝え致します。

    干草や飼料産地のセシウム検査を行っていると言う事 素晴らしいですね。
    再度、販売前の牛乳検査、検査結果の公表をして頂けたら
    安心を確認し納得して購入できると思います。

    お野菜など 西から九州の物がスーパーに陳列されていると
    大げさではなく お宝が並んでいる!ように目に映ります。
    関東圏のお野菜と岡山産のお野菜を測定した際 
    関東圏のお野菜、果物からはセシウムが検出されました。岡山産は不検出でした。
    安心して食せる食品は本当にありがたいです。

    一度 メールをお送りさせて頂いても宜しいですか?

    品川区の子どもたちを守る会

  11. 2013年2月6日 12:54

    品川区の子どもをまもる会 様

    ご連絡そして削除ありがとうございます。

    なんとなくもうお分かりだと思いますがパソコン・ネットは得意ではありません・・・・

    こちらは普通に食材が余っています。

    何故岡山の私が放射能・内部被曝に・・・・!? と思うかもしれませんのでチョット説明しますね。

    私にも5歳のたまらなく可愛い愛娘がいます。家内の教育方針で実家から80km離れた岡山市内の里山保育に2年前からアパートを借りて行っています。

    私も週1回行きますが、そこには都心から避難されて来られているご家族が3組おられます。

    その方々の話は「都心は安全・安心なものはなく危険だ」と色々と伺い、園で食、放射能、内部被爆の勉強会も行い、それを家内から詳しく聞いていました。

    私の職業は飲食業ですので野菜・お米もこだわってらっっしゃる農業家の方から、鮮魚も日本海の直営市場から10数年前から購入していますが、この不況で余っているのでどうにかいい方法はないかな・・・・・と思っていた次第です。

    大きい事や毎日安定しては無理だと思いますが、何か双方にとって良い流れになればなぁ~と思っています。

    私の理想は被災地の農家・酪農家の移住可能な方がこちらで(過疎化してますので土地・畑は余ってます)仕事が出来る様になれば最高です!!

    一度是非メール送信して下さい。

    アドレス送信しなくて大丈夫なんでしょうか!?

  12. 2013年2月6日 13:33

    匿名 様

    ご返信ありがとうございます。
    放射能への思いや 食への関心 共に一緒です。
    微量でも内部被ばくを回避したいと思っています。 

    ではお手数ですが下記のメールアドレスへ
    匿名様のご連絡先をお知らせ頂けると幸いです。

    yashiochildren@live.jp です。

    宜しくお願い致します。

    品川区の子どもたちを守る会

    • 2013年2月6日 14:53

      すみません。

      上記のメールに送信しても

      「このメールと共に返信されているメールは一つ以上の宛先に対して配信できませんでした。」

      と送信できません・・・・・

  13. 2013年2月6日 15:06

    匿名 様

    了解致しました。ではこちらからメールしてみますね。

  14. 2013年2月6日 15:42

    匿名 様

    今 こちらからメールをお送りさせて頂きました。
    ご確認を宜しくお願い致します。

  15. 2013年2月6日 17:57

    すみません。

    何故か返信できません・・・・・今しばらく待って下さい。

    本日は定休日なのでどうにかしてみます。

  16. 2013年2月6日 19:02

    やはりよくわかりませんでした・・・・
    パソコン苦手なうえに詳しくもないので・・・

    調べると下記が原因ではないとの事でした。

    受信したメールに返信している場合は、相手のパソコンに設定された返信用アドレスに誤りがある可能性があります。

    携帯電話宛に送信している場合は、携帯側で受信制限設定をしている可能性があります。

    送信メールの容量が大きすぎる可能性があります。

    送信先のプロバイダ、または携帯電話会社などによって設けられている受信メール容量の制限を超えている可能性があります。

    携帯メールアドレス宛てに送信したメールのヘッダ、または本文に改行のない長い文章が入っている可能性があります。

    メールの受信者がヘッダサイズなどで受信規制をかけている可能性があります。

    私は送信してくださったのをそのまま返信を押して作成してるのですが・・・・

    本日は定休日ですのでどうにかメール解決したかったのですが、、、

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。