Skip to content

セシウムで乳幼児食品に新基準 厚労省検討     母親の不安に配慮

2011/09/15

東京電力福島第1原発事故による放射性セシウムの食品汚染に関連し、

厚生労働省が粉ミルクなど「乳幼児用食品」をほかの食品と分け、

新基準値を設ける方向で検討していることが15日、分かった。

内閣府食品安全委員会が7月末、

「子どもは放射性物質の影響を大人より受けやすい可能性がある」との

見解をまとめたことを受けての対応。母親らの不安を払拭するため対策が必要と判断した。

今秋に本格化する暫定基準値の見直し作業と併せ、

同省内の審議会の検討課題に盛り込み、専門家らで議論する方針。

実現すれば、現在の暫定基準値より厳しい値になるとみられる。

(共同)          東京新聞より 引用
広告

From → 食品関連

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。