Skip to content

放射性物質:文科相が釈明「給食40ベクレル以下は誤解」

2011/12/03

中川正春文部科学相は2日の閣議後会見で、学校給食の食材に含まれる放射性物質に絡んで示した「1キログラム当たり40ベクレル以下」との目安について「測定機器の機種選定の目安で申し上げた。機器の検出限界で話をした40ベクレルが独り歩きしてしまった」と述べた。学校給食で使う食材からの内部被ばくを抑える目安として受け止められたことに対し「説明に誤解があった」と釈明。「最終的には厚生労働省の基準(現行は水や牛乳200ベクレル、野菜や肉500ベクレル)に基づいて対応していくことになると思う」と述べた。

文科省は11月30日、自治体による検査の支援事業の実施に向け、東日本の17都県の教育委員会に通知を出した。購入機種の検出限界として「1キログラム当たり40ベクレル以下」を示し、40ベクレルを超えた食品を取り除いた給食の提供などを例示。森ゆうこ副文科相は1日の定例会見で「40ベクレルを上回る食品は給食では使わないようにする方針を示したのか」との質問に「そのように考えていただいて結構です」と答えていた。40ベクレルの目安を示したのは、厚労省が内部被ばく線量の上限を現行の年間5ミリシーベルトから1ミリシーベルトに引き下げる方針で見直していることを踏まえ、200ベクレルの5分の1としたという。【木村健二】

毎日新聞 2011年12月2日 12時15分(最終更新 12月2日 16時19分)

 

個人的な私の心情・・・・。

40ベクレルとは言わず、0ベクレルを目指して欲しい。

微量だから大丈夫・・・・って よく耳にするけど・・・・・

もし、セシウムに色が付いていたら 変な色してるけど、少しだから大丈夫と

子どもに与えられるかな・・・・・。

スープの上澄みに ほこりみたいなのがいっぱい浮いてたら

大丈夫だから食べなさいと子どもに言えるかな・・・・と自分に問う。

40個のほこり と 4個のほこり どちらか選ぶとしたら

迷わず4個のほこりを選択すると思う。

 

広告
One Comment
  1. kura permalink

    2011年12月6日 08:51

    pao さんのような専門的知識をお持ちの方が時々こうしてアドバイスしていただけるのは心強いですね

    ネットのみの意思疎通ではしばしばお互いの理解に時間がかかることもあると思いますが、

    pao さんのように柔軟に理解を示してくださると、安心して相談できますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。