Skip to content

粉ミルクからセシウム明治ステップ40万缶無償交換へ

2011/12/06

食品大手の明治(東京)が製造、販売する粉ミルク「明治ステップ」から、最大で1キログラム当たり30・8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが6日、同社の調査で分かった。詳しい混入経緯は不明だが、同社は東京電力福島第1原発事故に伴うものとみている。

 厚生労働省によると、原発事故後に粉ミルクからセシウムが検出されたのは初めて。明治は約40万缶を対象に、無償交換する方針。

国が定める粉ミルクの暫定基準値(1キログラム当たり200ベクレル)は下回っている。

乳児は大人より放射性物質の影響を受けやすいとの指摘があり、

厚労省は近く新たに「乳児用食品」の基準値を設定する方針を決めている。

明治によると、セシウムが検出されたのは賞味期限が

2012年10月4日、同21日、同22日、同24日の製品。日付は缶の底に記されている。

明治は国内の粉ミルク販売シェア約4割の最大手。

この情報はこちらからの 転記です。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/12/06/kiji/K20111206002186670.html

ステップを飲用しているご家庭は、缶の底にある

賞味期限の記載のチェックをして下さい。お願いします。

 

 

 

 

[ 2011年12月6日 13:58

広告

From → 食品関連

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。