Skip to content

青木泰さん講演会・瓦礫について知っておきたいこと

2012/01/27

今、私達は真剣に向き合わなければならない問題が山済みです。

瓦礫受け入れ問題についても、心配の声が上がっている。

私達が知りたい事は、安全性の問題です。

大気中に飛散してしまう放射性物質は、どの位の量なのか、

人体への影響、環境への影響はどうなのか?現場で働く方々への影響は?

99,99%除去できる?って本当なの?残り除去できない00.01%はどうなるの?

00.01%と数字だけをみると、たいした事なく見えるけど・・・・

受け入れ50万トン分の00.01%と考えると・・・・・

こんな事も起き始めています。

東京都内の清掃工場で作業員被曝 深刻な放射能汚染
http://ameblo.jp/kikikanri-h-arai/entry-11143403290.html

品川区内での状況として気になる事も耳にします。

お子さんの中で、おねしょ、おもらし、大人の方では心臓の痛み

このような症状は出ていませんか?

昼間、遊んでいてジワ~っとおもらしをしてしまう 子どもさんが増えています。

保育園や幼稚園の子どもさんだけではなく、小学生の高学年の子にも見られます。

こんな事今までなかった。とおっしゃる親御さんが多いです。

体への異変が、急速に始まったという事だと思います。

放射能のとの因果関係が立証できないが為に、認知度が少ないのですが

チェルノブイリで実際に起こった症状の一つです。

放射能を気にする、気にしないは自由です。ですが子どもはどう思っているのかな・・・

即病気にはならないけど、慢性的な症状になってしまう事が多いと言われています。

チェルノブイリでは、現在健康な子どもが20%ほどしかいません。

25年前の事故の際 子どもだった(現大人)方々も、健康被害で大変苦労されています。

我が家でも数日前、不明熱が出ました。39、3度まで熱が上がり頭痛もありました。

インフルエンザを疑いましたが、翌日にはすっかり平熱に、でも頭がクラクラしてるなど

これも医者によると原因が分からないと言われました。

微量でも無害ではないんです。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。