Skip to content

アップルペクチンを作ってみました。

2012/01/30

アップルペクチンは、体内に蓄積された放射能物質が

排出されやすくなると言われています。

そこで、アップルペクチンを作ってみました。

詳しい効能はこちらをご覧下さい。

http://www.ebinanouen.com/tainaihibaku.html

材料

りんご1㎏

てんさい糖

水2ℓ

クエン酸5g

 

 

りんごをキレイに洗う

 

 

洗ったりんごをサイコロ状にカット

鍋に水を2ℓ入れる。

(りんごの色が変わらないうちに水を加え火にかけて下さい)

ここに、クエン酸5gも加える

 

 

 

水が沸騰したら弱火にして

1時間コトコト煮て下さい。

 

 

1時間ほどコトコト煮ると

こんな感じ!

 

 

 

その後、丁寧にガーゼや巾着で実をしぼり、

りんごと液体を分けて下さい。

ギュッとしっかり絞ってね!

これが、ペクチン♪

するとこんな感じにキレイな液体!

ここで、400ccの対し

てんさい糖を200gを加えて

半分の量になる位までコトコト煮詰めて下さい。

 

 

 

半分まで煮詰めるとこんな感じ!

 

 

 

最後は、煮沸消毒した小瓶に入れ替え

アップルペクチンの出来上がり!!

 

 

甘さはお好みで加減してみてください。

砂糖があまり少なすぎると固まらないのでご注意。

*今回は、てんさい糖でなく沖縄の「きび砂糖」を使用しました。

 なので、色が少し濃くなっています。

過剰摂取にだけは、注意をして下さい。

食べ過ぎると必要なミネラル分まで排出してしまうのでご注意を。

1日、小さじ1さじ~2さじくらいが適量だそうです。

ペクチン液は冷蔵庫で1週間、それ以上は冷凍で保存してください。
砂糖を添加した後はジャム同様日持ちします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

From → 食品関連

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。