Skip to content

赤城山山頂のワカサギ釣り解禁へ…釣ったら回収

2012/02/28

読売新聞 2月27日(月)23時8分配信

群馬県は27日、前橋市の赤城山頂にある大沼のワカサギ釣りの
自粛要請を3月1日に解除すると発表した。

放射性セシウム濃度が検査で3回連続、国の暫定規制値

(1キロ・グラムあたり500ベクレル)を下回ったため。沼は結氷しており、
穴釣りが可能という。

ただし、26日に採取したワカサギの検査では、4月から一般食品で適用される新規制値

(同100ベクレル)を上回る480ベクレルが検出されているため、
赤城大沼漁業協同組合の監視員が釣った魚をすべて回収する。

同沼では規制値超えのワカサギが見つかり、昨年9月1日から解禁を見送っていた。

4月からは禁漁のため、1か月間限定の解禁となる。

最終更新:2月27日(月)23時8分

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。