Skip to content

品川区日光への移動教室の対応

2012/04/14

 

・日光市の線量と子どもたちの食事について

来月より、毎年恒例行事の移動教室(修学旅行)が始まります。

この移動教室への参加をご心配されている保護者の方

沢山いらっしゃると思います。

品川区での対応策として、品川区の職員の方が日光へ出向き 

子どもたちが宿泊する施設及び 観光をする箇所を、測定して

安全の確認をして下さるとの事でした。

去年の9月にも、同じように区の職員の方が、子どもたちが宿泊する施設の放射能測定をし

空間線量などを測り、除染や、高線量の箇所などは 

子どもが近づかないよう策を取っていました。

また、宿泊施設の庭の土壌の全て剥ぎ取り 新しい土と入れ替えも行われました。

ただ、ご存知の方もおられるように 日光市は比較的 放射線量が高いです。

各ご家庭で、参加する、参加しない。の判断となる所ですね。

 

食事について

日光にある施設は 区の所有施設ではなく 民間へ変更になりました。

確か去年の話では、子どもたちの食事は給食扱いになるので

区で調達をした材料(学校給食会で購入)を運び調理されると、お聞きしました。

今年度からは、宿泊施設が民間に変更となったので、

宿泊施設での取引業者さんからの仕入となります。

区の対応として・・・

納入業者さんへ、食材と産地の公表をするよう要請をしました。

その、食材と産地は 品川区のHPにて公表します。との事

また、納入する食材に関し 子どもたちが食す物ですので

安全な物を届けて欲しいと指導、伝達をしてくれたようです。

こうした細かな動きが進められています。

去年 区にお話させて頂いた事が、今年度は区の迅速な対応で

進められている事に 大変驚きました。

果たして、職員の方々の測定結果で どのような数値が出るのかが心配ですね。

0.23μSv 以上の箇所が多発している場合は、中止になるのかな~・・・・・・。

中止にしてほしいな~。

こうした情報を意外と知らない 保護者の方がいらっしゃるので

みなさまも是非 話し合ってみて下さい。

そして区役所へ区民の声を是非 届けて下さい。

区民の声が多ければ、多いほど 子どもたちを守る術が増えてくるはずです。

区役所との戦いではなく、一緒に子どもを余計な被ばくから守る術の

意見交換が何よりも解決への近道なんですよ!!

お願い致します。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。