Skip to content

例えば”皮膚のトラブル”-?

2012/08/31

医師から、
喘息・アレルギー体質の人は、
特に気をつける様に!
とアドヴァイスを受けています。

その中での皮膚のトラブル。

元々アレルギーがあるお子さんですが・・・。
せっかくアレルギーも治まってきていた幼稚園児。
昨年度、
首から背中にかけて、
酷い蕁麻疹が出てなかなか治らなかった。

こういう元々弱いアレルギー体質の方は、
普段と出方が違うとか・強く出るなど。
特に気をつけて、
経過や出方を観察して行く必要があると思います。

少しでも”おかしいな?”と感じたら、
履歴を残しておいて下さい。
薬が効きにくいという場合にも!

皮膚トラブルに限らず、
”薬が効かない”というケースがあるとの事。
そこで改善がみられない場合、
より強い薬を処方され、
それでも治らない場合。
元々の原因が”放射性物質”であった場合、
薬によって体に負担をかけるだけになってしまいます。

バンダジェフスキー博士も、
「”放射性物質”自体がアレルゲンになる事もある」
と、仰っていました。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。