Skip to content

10月15日分・東中延・中原・西大井・水神・清水台保育園給食放射性物質検査結果

2012/10/24

今回の給食放射性物質検査では、1園の保育園給食の牛乳から

セシウム137が検出されました。

セシウム検出値のうち0.02%はストロンチウムが存在すると言われています。

ストロンチウムは体外排出が非常に難しいと言われていますよね

子どもたちが継続的に摂取してしまう事を改める必要があると思います。

骨への蓄積が将来どのような影響を及ぼすのかも分かりません。

分からない事を安全と言い切ってしまっていいのでしょうか?

保育園給食放射性物質検査結果

1.報告年月日   平成24年10月18日

2.検査結果

園名 検体名 測定結果(Bq/kg)
ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
(検出下限値) (検出下限値) (検出下限値)

東中延保育園 セシウム137 0.82Bq検出

小岩井農場牛乳飲用

1食分 不検出 不検出 不検出
(3.4) (4.5) (4.4)
牛乳 不検出 不検出

0.82 

(0.61) (0.70) (0.70)
東中延保育園給食放射性物質検査結果 (1ℓ/Bq)
検査日 セシウム134 セシウム137 セシウム合算
24年4月16日分 1.9Bq 2.1Bq 4  Bq
24年7月17日分 1.2Bq 1.4Bq 2.6Bq
24年8月13日分 不検出 1.1Bq 1.1Bq
24年10月15日分 不検出 0.82Bq 0.82Bq

中原保育園

1食分 不検出 不検出 不検出
(3.7) (4.7) (4.3)
牛乳 不検出 不検出 不検出
(0.52) (0.63) (0.70)

西大井保育園

1食分 不検出 不検出 不検出
(3.6) (4.3) (3.8)
牛乳 不検出 不検出 不検出 
(0.62) (0.73) (0.61)

水神保育園

1食分 不検出 不検出 不検出
(3.6) (4.2) (4.3)
牛乳 不検出 不検出  不検出
(0.59) (0.66) (0.72)

清水台保育園

1食分 不検出 不検出 不検出
(3.4) (4.3) (3.8)
牛乳 不検出 不検出 不検出
(0.56) (0.56) (0.64)
.測定年月日 平成24年10月15日から平成24年10月17日            
4.検査機関 財団法人千葉県薬剤師会検査センター            
5.検査方法 ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーに    
  よる核種分析法                  
6.検体回収日 平成24年10月15日                  
7.その他 ※検出下限値とは、分析方法や計測器で検出できる最小値(最小限度)  
   のことです。測定環境(自然に存在する大気中の放射線量等)、条件  
   (時間・食品重量等)、検査品目により異なる値になります。    
8.備考 食品衛生法の新基準値(単位:Bq/kg)  平成24年4月から      
                     
  放射性セシウム 飲料水 10      
  牛乳 50      
  一般食品 100      
  乳児用食品 50      
  放射性ヨウ素に関しては、暫定規制値(単位:Bq/kg)を掲載しています。  
  放射性ヨウ素 牛乳・乳製品 300      
  野菜類(根菜・芋類を除く) 2000      
  魚介類
広告

From → 学校給食

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。