Skip to content

品川区内小中学校放射線量 比較マップ

2013/07/08

下記の地図

おおまかですが 学校のある箇所を示してみました。若干のズレがあるかも知れませんが

赤文字になっている箇所は、前回の放射能測定結果より上昇数値が見られる学校

黒文字になっている箇所は、前回の放射能測定結果と比べ下降数値になった学校です。

今までの測定結果3回分を投稿致します。

この結果をどう見たら良いでしょうか?

原発事故の年の線量は全体的に放射能が降下したのが分りますよね。

その翌年は、ブロックで分かれているのが良く分かる。

そして今年度は 何となく海側焼却場の周辺だけが数値の上昇が見られる。

全体的に数値をみると線量は下がっているのに、一部だけが数値上昇・・・・。

放射能物質を除去?拡散しないと言っていたバグフィルター・・・・・。

やっぱり漏れていた可能性は否定できないかも。

地図1)第1回目 品川区内小中学校放射線量測定結果

23年11月

平成23年・品川区小中学校放射能測定結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図2)第2回目 品川区内小中学校放射線量測定結果

24年5月

平成24年・品川区小中学校放射能測定結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図3)第3回目 品川区内小中学校放射線量測定結果

25年5月

平成25年5月・品川区小中学校放射能測定結果

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。