Skip to content

品川区長期基本計画改訂素案(案)に関する意見募集

2013/10/01

品川区在住のみなさま、ぜひ区のハブコメにご参加下さい。

「品川区長期基本計画」では、様々な分野に対し区民からの意見を募集しています。

こんな事をして欲しい、これに対しこんな意見がある。など

保護者のみなさまへお願い。

先日、品川区議会の傍聴へ出かけてきました。

そこで3名の議員さんが子どもたちや区民のみなさまに関わる

放射能への懸念、不安、今後の提案などの一般質問答弁をして下さいました。

ですが、品川区からの回答では、放射能対策への危機感は全く感じられませんでした。

もうこれ以上の事をするつもりはないといった感じで

放射能・・・もう終わった事にされているな・・・・という印象を受けました。

 

小学校、中学校の空間線量は学務課さんによって継続的に測定はされていますが

幼稚園や保育園では、希望する園のみ行う。声が上がらなければやらない。

給食食材検査も1校、1園あたりの回数が減っているなど縮小ムードに。

夏休みの終わりごろ とある保育園の正門前の放射線測定を たまたましたのですが

そこで打ち出した線量は、地上1cmで0.4μSv以上でした。

 

地面に散らばっていた砂をかき集め議員さんのご好意でゲルマニウム測定器にて

検査をしてみた所、4桁ものBqが検出されました。

数値と、場所の公表は現時点でする事ができませんが

毎日そこに通う園児たちは大丈夫なんだろうか?????と心配になるほどの数値です。

 

ですが、今の品川区では 定点で測定されている2ヶ所の空間線量のみだけを見て

安心、安全だと認識してしまう、させてしまう事に疑問を感じます。

 

品川区では、地上1mの高さで0.23μSvを超えるような箇所は除染対象になっていますが

幼稚園、保育園、学校、公園などでは 直接砂や土に触れる、寝転ぶ、裸足になる。

小さな子は口に砂を入れてしまう事もあるなどを考慮して頂きたいと思います。

 

地上1cmで0.4μSvは安全なのでしょうか???

砂だけを測定してみると0.6μ、セシウム検査では4桁もの数値・・・・・・。

空間線量は主に外部被ばくの参考にできますか

今回の砂のBqは内部被ばくにも関わってきます。

 

風が舞えば吸気から、目の粘膜、鼻の粘膜、耳の中にも付着しますよね。

こうした事実を保護者は知る事ができるのか?園はどう対策をするのか?

 

区はどう動くのか??「あ~これくらいなら大丈夫ですよ~」ってなってしまうのかな??

 

測定しなければ分らない、検査してみなければ分らない

でもね!大丈夫、大丈夫!そんなの気にしすぎ!!!

みなさんは、土壌Bq どのくらいの数値までなら 子どもたちを学校や園へ

通わせられますか?

毎日 行き帰りする門が何千Bqまでなら我慢できますか?

 

大人が定期的に測定、危機感を持つ事で こうした箇所の発見とその後の対策が

迅速に行われたとしたら どんなにいいだろう。

今回のような場所が園や学校に存在していたら、

しょうがない・・・・。しかたない・・・・。と納得ができますか?

 

考え方は もちろん人それぞれですが 調べる事で安全が確保できるのなら

継続して調べて頂きたいと心から願います。

また、給食では太平洋側のお魚や、心配される産地の乳製品などが

未だに提供されています。

測定検査されているのは、セシウムとヨウ素だけ。

ストロンチウムやトリチウムは検査されていない為、本当に大丈夫?なのでしょうか?

これは、小学校や中学校よりも、保育園の方が心配。

骨ごと食べる魚、ワカサギはどこの産地の物ですか?離乳食のレバーは?

 

こうした心配も区民の方からの声がないと、区としては

「もう区民の方々からの心配の声はありません」とされてしまいます。

なので、放射能への懸念、意見などありましたら

区のハブコメに是非お書き込み下さい。お願い致します。

これからの時期、運動会などが各地で行われると思います。

校庭や園庭、グランド、広場の土壌Bqは どのくらいなんだろう・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記、品川区HPより転記

区の基本的な政策や具体的な施策の方向を示す「品川区長期基本計画」は平成21年4月に策定し、今年で5年目を迎えます。

この間、長引く景気の低迷や東日本大震災の発生をはじめ、区政を取り巻く社会経済環境は大きく変化しており、これらの変化に迅速かつ柔軟に対応するため長期基本計画を改訂します。

この改訂の素案(案)につきまして、ぜひ皆さんのご意見をお寄せください。

長期基本計画改訂素案(案)全文は、区ホームページ、企画財政課(本庁舎5階)、区政資料コーナー(第三庁舎3階)、地域センター、区民集会所、サービスコーナー、図書館、文化センター、体育館、保健センター、きゅりあん、スクエア荏原でご覧になれます。
また、長期基本計画改訂委員会での資料や審議経過については、区ホームページでご覧になれます。

募集期間

 平成25年10月30日(水)まで

応募方法

 郵送または持参の際は、意見・住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、

企画財政課(〒140-8715 品川区広町2-1-36

電話:03-5742-6607 Fax:03-5742-6870)へご提出ください。

※ いただいた意見の内容や意見に対する区の考え方を区ホームページでお知らせします。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。