Skip to content

品川区在住のパパ・ママへの呼びかけ!

2013/11/27

品川区の子どもたちを守る会HPを観覧して下さっている皆様に感謝致します。

この度、守る会より提出致しました

「食品の放射性物質測定器の設置を検討してください。」の陳情が採択されました。

ですが、喜んでもいられないのが現状です。

12月6日(金)に行われる本会議(午後13時~)で、反対意見が出た場合

不採択となるかも知れません。

今回、厚生委員会で審査され「採択」となったのですが、全会派一致での採択ではなく

多数決での採択という結果という事と、反対意見を持つ議員さんがいるという事。

 

もし、食品測定器が区にあったら 公立の学校、保育園、幼稚園以外の

区内、学校、保育園、幼稚園の給食も測定する事ができる。

自分たちが購入している食材の測定ができる。

直産物、露地栽培、家庭菜園、学校・保育園・幼稚園の菜園の作物など

検査をされていない食品の持込検査が受けられる。

原発事故後1度しか検査されていない校庭や園庭の土壌検査も行える

使用の仕方は色々できると思います。

今、区で行ってくれている給食食材検査についても、

委託ではなく検査をする事ができる。検査を行う回数も増やせると思う。

また、地元の商店の方々にも活用して頂ける!そう考えました。

流通している食品は100BqまでOK!ですが乳幼児の基準は50Bqまで

 

守る会のHPアクセス観覧でいちばん多い記事は、

赤ちゃんに関する食品の記事なんです。

小さなお子さんを抱えたママたちがたどり着くページ・・・・

何とか、こうした不安を解消しなきゃと思います。

こうした思いの中で提出した陳情です。

太平洋のお魚は本当に大丈夫?Bq表記されているわけじゃないから

本当の事は、わからないよね。と不安に思いつつも食す食材

安心して食べたいよね。

 

そこで、どうか皆さまのお力をお貸し下さい。

区長、区役所、区議会議員さんに 放射能に関しての意見の声を

届けて下さいませんか。

区役所に、相談の電話がない、問い合わせないというだけで

もう、放射能なんて無かった事にされてしまいます。

また、区民の関心が無ければ給食食材検査も終了してしまう可能性もあります。

子どもたちや自分たち区民の健康を一緒に守って頂ける様

声を届けて頂けませんでしょうか。

どうが、子ども達の為にもお願い致します。

 

品川守る会賛同メール・電話・FAX
食品の放射性物質測定器の設置を検討陳情

「区長へのメール」
https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/cgi-bin/contact/contact_01.cgi

「広聴窓口・ファックス・電話  品川区役所5階 広報広聴課」
電話 03-3771-2000   FAX(聴く丸君)03-3777-8080
自民党
TEL:03-5742-6813  FAX:03-3777-0167
公明党
TEL:03-5742-6817   FAX:03-3774-3366

民主・改革ネット
TEL:03-5742-6814    FAX:03-5743-2727

みんな・無所属
TEL:03-5742-6816   FAX:03-3772-8878

共産党
電話:03-5742-6818    FAX:03-3778-3088

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。