Skip to content

品川区29年度も給食食材放射能検査を続行!

2017/03/11

久しぶりの投稿になってしまい申し訳ありません。

品川区では平成29年度も子どもたちの

学校給食、保育園給食の放射能検査、ストロンチウム検査を続行して頂けるようです。

今日で東日本大震災から6年が経ちますが、原発事故の収束は未だ解決の糸口すらつかめていません。

大気への飛散、海への拡散も まだまだブロックされている所か 放出は続いています。

その中で風化しつつある子どもたちの給食への心配、不安の声

しかし 放射能物質はたった6年で消えてなくなる物でもありません。

その環境下の中で 私たちが住む品川区では 子どもたちへの安心、安全を願う

保護者の声に寄り添うという思いから 食材放射能検査の続行が決まりました。

実際、予算の削減、検査回数の削減など厳しい状況の中の決定ではあったようですが

学務課さんのお力や、検査への関心を示す区議会議員さんの思い、願いで

続行という運びになったのだと思います。

学務課さま、区議会議員の皆様 心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

ですが中には この検査に対し反対意見の議員さんがいらっしゃるのも現実です。

もう6年も経ったのだから検査をする必要はない。

食べて応援など 区議会の議事録を読むと 誰がどんな意見、意思を示しているのかも分かります。

過去、原発の事故当時 放射能の影響でガンになろうが、死のうが、仕方ないじゃないと

0歳児を連れた私たちに そう言い放った○○議員

この方は 常に何時でも こうした意見を議会でもおっしゃられます。

こうした中での 予算決定、検査続行を勝ち取ってくれた学務課さんや議員さん

本当に頭が下がります。

感謝の気持ちを 区へ直接届けたいと思います。

保護者の声って本当に大事です。

皆様も是非 届けてくださいね!!

学校給食の放射性物質検査の結果

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000028300/hpg000028239.htm

また、品川区では 独自で学校、保育園、幼稚園などの

空間放射能測定なども行ってくれています。

この取り組みも とても有り難く思います。

区立学校の放射線量

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000015700/hpg000015636.htm

保育園・幼稚園の放射線量

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000015900/hpg000015826.htm

広告

From → 学校給食

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。