Skip to content

水道水・・・・品川区の水源

2012/08/17

以前から、品川区に流れている水道水って どの経路を辿って流れ着いているのかを
調べたいな~と思っていました。

金町経由で流れていると思っていましたが 違っている事に驚きました。

以下が水源です。

水源地図
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/pp/hakken/h02-01.html

1 荒川・利根川から 80%

2 多摩川・相模川から 20% の混合水が品川区の水道水の水源

 

こちらの浄水場からの混合水が品川区の水道水です。

1 朝霞浄水場  58%

2 川崎長沢浄水場  22%

3 世田谷砧浄水場  10%

4 東村山浄水場  5%

5 三郷浄水場  3%

6 三園浄水場  1%

まず 川から集められた水を、不純物と水に別ける沈殿作業があります。
そこで沈殿された不純物は 浄水場発生土と言います。

その浄水場発生土の放射能測定結果についてURLをクリックしてみて下さい。
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h23/pdf/press_1106_back.pdf

結構な放射性セシウムが、各浄水場で検出されているのに驚きました。

その後の過程では、沈殿作業後に水のみを 砂やジャリ、塩素や活性炭などで
浄化、消毒を行った後、水道水として流れるという事になります。

{浄水場発生土の放射能測定結果について}

【最新の測定結果】

●試料採取日 平成24年7月23、26、30日、8月2日
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h23/pdf/press_100526_1.pdf

 
浄水場の流れ (小学校4年生用・東京都水道局資料)
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kids/study/images/study01_02-3.pdf

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。